HOME<ご挨拶

ご挨拶

代表・岡田将一が語ります。「アリエスが何よりも大切にしていること」

はじめに

こんにちは。アリエスの代表取締役の岡田将一です。ようこそ当社のホームページへお越しくださいました。さて、早速話をはじめさしてもらいたいのですが、少し気がかりなことがありましてな。

こんなイカつい顔をしたオッサンがいきなり「アリエスが何よりも大切にしていること…」なんて目をキラつかせて話しだしたら、はじめてこのサイトに来てくださった皆さんの大半は、おそらく蜘蛛の子でも散らすかのように「気色ワル!」って逃げていきよるのではなかろうか…と。

また、私のことをご存知の方がご覧になられた場合も同様。私が「何よりも大切にしていることは…」なんて薔薇でもくわえて喋りだしたら、まず間違いなく知人諸兄姉は「どアホ!」って怒鳴りちらすことでしょう。

ま、そうなったらかなわんので、いつもの私らしく、伝えたいことを伝えさせてもらいますわ。

お客様のこと

アリエスの前身である「リファインくわな」を立ち上げた平成元年当初、ほとんど私たちには仕事がありませんでした。チラシをうってもダメ、ポスティングをしてもダメ。「この電話、壊れとるんちゃうか?」と思うくらい、会社の電話が鳴ることはありませんでした。今思うと、当時の私たちは「良い提案をすれば結果は出るだろう」と思い込んだスタイルだったので、お客様のニーズとはかけ離れていたんでしょうな。

これじゃ、お客様は振り向いてくれない。

そのズレに気づいた私は、ふりだしに戻ることにしたんです。そもそも私たちが仕事を通じて本当にしたいことは何なのか? 正直にその問題と向き合ったら、意外と簡単に答えは見つかりました。

お客様の暮らしを少しでも良くしたい。

私たちがしたいことは、ただそれだけだったんです。そりゃ会社ですから、利益を上げな話になりませんよ。でも、それだけじゃない。それだけだったら、この仕事じゃなくてもいいわけなので。

これに気づいた当社は、元来の目的達成のために襟を正し、徹底してお客様の目線を意識することにしたんです。お客様が思っていること、考えていること、本当に求めていることは何なのか? それらをとことん追究し、満足だけでなく感動も与えられるサービスを提供すること。これを社員全員が仕事をするうえでの鉄則としたんです。するとどうでしょう。じわりじわりと雪が溶けていくように、ひとり、またひとりと、お客様の数は増えていきました。晴れてめでたく、当社にも春が訪れたというわけです。

未来のこと

ごく稀に、施工が終われば「はい、サイナラ」って経営スタンスをとっている業者がおります。ある意味たいしたもんですよね。そんな厚かましいやり方でよく経営が成り立っとんなって、関心すらしますわ。でもアリエスは、絶対にそんなことできませんし、やりたいとも思いませんがね。

いつも私たちが仕事をするうえで重要視しているのは“お客様のその後”です。つまり、施工後のお客様の暮らしを良くしたいと考えとるんですわ。工事が終わったその場では良くても、いざ使い出したら不便でしょうがない…なんて工事は、まったく意味がありませんからね。

当社は工事がひと通り終わったら、必ずその物件のチェックを行います。まあこれは当たり前ですが、ほかと違うのは“まるっきりお客様の目線で見る”ところ。実は、これがキモなんですわ。

どうしてもプロの目では見えにくい部分ってのがあります。また、その逆も然りで、どうしてもお客様では気づけない部分ってのもあります。しかし、プロとお客様の目線をあわせ持つ私たちは、そのいずれも見逃しません。お客様にとって付加価値のある工事がきちんと行えているか? といった核心的な部分をしっかりと隈なくチェックします。

私は心配性なので常に最悪のケースを想定するよう心がけております。だから、最低限それくらいのことをせんと(しても?)、お客様のその後のことが心配で仕方ないんですわ。お客様ひとり一人に対してだけでなく、「もっとアリエスは街の未来のためになることができるんだから頑張らないかん!」って街そのものに対しても心配しとるんだから、我ながら困ったもんですわ。部下からは“心配性すぎる経営者”って呼ばれとります(笑)。

つながりのこと

私は職人の子供として育ってきたこともあって、つながりというものの大切さをよく知っとります。それこそ「リファインくわな」をスタートした当初には、あまりにも仕事がなかったもので、よく親父の知り合いの業者さんに助けてもらったもんですわ。あのときその業者さんが仕事をくれたのも、親父の顔があったからこそ。ほんと、感謝の言葉しか浮かびません。

もちろん、お客様とのつながりも私たちにとっては非常に大事。まあこれも当たり前ですわな、会社経営者ですから(笑)。ただ、ほかと比べて当社はそのつながりが濃いというか太いというか。うちはお客様からお客様を紹介してもらうケースが多いんですよね。「あそこなら大丈夫だから」といって常連さんがお知り合いを紹介してくださることが。ありがたいことですよ、ほんまに。だからアリエスはその期待を絶対に裏切りませんし、こうやって紹介をいただき続けているわけなので、これまでの私たちのあり方は間違っていなかったんだなという自信にもなっとります。

協力会社に関してもやはり同じ。持ちつ持たれつという言葉がありますように、お互い助け合って仕事を動かすようにしております。ただの好き嫌いじゃなくて、信頼の置ける存在であること、それが前提ではありますがな。そこにプラスして紡いできた絆がありますから、多少の無理やワガママなら聞き合える関係になっとるんです。

「みんな仲良く」。

結局のところ、私が何よりも大切にしているのはこれなんですわ。知り合いも常連さんも協力業者も、大きくいうなら世の中の人たちすべてが、みんなで仲良くできればそれでええ。会社を経営するうえで…いや、生きていくうえで一番大事なのは、やっぱり人と人とのつながりだと考えとりますから。一人から二人、二人から三人という具合に、良い関係性というのはどんどん大きくなっていくもんです。その事実を当社は身をもって経験してきました。だから、アリエスはもっともっとたくさんの方々とつながりたい。いずれは桑名という街と人々の未来にとって必要不可欠な、そういう存在になりたいと切に願っております。

お問い合わせ

お客様専用ダイヤル TEL.0120-114-987
所在地 三重県桑名市西別所字駒広2138-149

株式会社アリエス

〒511-0851
三重県桑名市西別所字駒広2138-149
TEL:0594-24-0572
FAX:0594-24-0573
営業時間:AM9:00~PM6:00
定休日:第1・3・5日曜日

お問い合わせ

お客様専用ダイヤル
TEL.0120-114-987
所在地
三重県桑名市西別所字駒広2138-149
メールでのお問い合わせ